ペット経済は中国の青い海です

29-06-2019

世界的に、ペット市場は主にヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国などの先進国に集中しています。米国は、世界のペット産業の最大の消費者です。 APPA統計によると、米国のペット産業の消費量は2016年に627億5,000万米ドルに達し、4.10%の増加、過去5年間で4.25%の成長率、4.92%の複合成長率過去10年間。ヨーロッパのペット市場は、過去3年間で規模が150億ユーロ、複合成長率が1.8%の成熟期に入っています。

Pet economy is a blue sea in China

対照的に、中国のペット業界にはまだ発展の余地があります。データによると、中国のペット産業の総消費規模は2016年に1,220億元に達しました。国内のペット市場は2020年までに2,000億元を超え、年間平均成長率は20%に達すると予測されています。


中国でのペット飼育の総量は世界で3番目にランクされていますが、ペットの所有率(ペット番号/家族番号)は低くなっています。国内のペット所有率はわずか2.6%で、北京で最も高いのは7.5%のみであり、米国ではペット所有率は65%です。中国のペットの数は今後もかなり増加すると予想されます。ペット経済は中国の青い海です。




最新の価格を取得しますか? できるだけ早く返信します(12時間以内)